弥生ユーザーを応援する
「いちばん身近なビジネス情報メディア」

  1. TOP
  2. バックオフィス効率化
  3. 【弥生会計】前年度の仕訳をコピーして今期の取引を登録してみよう!

【弥生会計】前年度の仕訳をコピーして今期の取引を登録してみよう!

こんなことで困っていませんか?

  • 「毎年1回しか発生しない仕訳」の科目を覚えておくのは大変......

やってみよう!

企業会計には“継続性の原則”があります。簡単に言うと、一度決めた勘定科目や会計基準は、翌年以降も同じ内容で会計処理をしないといけません、というルールのことです。

そうすると、年に一度しか処理しないような取引を「去年はどうやって処理したんだっけ......?」と確認したくなる場面がありますよね。そんなときに、とっても便利なのが『前年度仕訳日記帳』です!

まずは、メニューの「帳簿・伝票」→「前年度仕訳日記帳」画面を開きます。

まずは、メニューの「帳簿・伝票」→「前年度仕訳日記帳」画面を開きます。

検索や絞り込みで確認したい仕訳を特定したら、左端のセレクト行をクリックすると明細行が反転されますので、右クリックで「行コピー」を選択します。

検索や絞り込みで確認したい仕訳を特定したら、左端のセレクト行をクリックすると明細行が反転されますので、右クリックで「行コピー」を選択します。

あとは通常の「仕訳日記帳」を開いて、空いている明細行で右クリックして「行貼り付け」を選択します。あとは[日付]を確認すればOKです。いちいち会計年度を切り替えなくても、本年度のデータで前年度の取引が確認できるんです。覚えておくと便利ですよ!

弥報編集部
著者:弥報編集部
弥生ユーザーを応援する「いちばん身近なビジネス情報メディア」

弥報Onlineでは「読者の声」を募集しています!

弥報Online編集部では、皆さまにより役立つ情報をお届けしたいという想いから「読者の声」を募集しております。

 

「こんな記事が読みたい!」「もっと役立つ情報がほしい!」など、ご意見・ご感想をお聞かせください。

 

皆さまからのご意見・ご感想は今後、弥報Onlineの改善や記事作りの参考にさせていただきますので、ぜひご協力をよろしくお願いいたします。

 

■「弥報Online」読者アンケート ページ

\この記事が気に入ったらぜひシェアしてください!/

皆さまのチャレンジを教えてください

新型コロナウイルス支援・施策

弥生株式会社 公式Twitter

キーワード

おすすめの記事

小さな会社でも脱ハンコはできる?「印鑑」というハードルを越える方法

小さな会社でも脱ハンコはできる?「印鑑」というハードルを越える方法

新型コロナウイルス感染症の影響により、多くの企業でテレワークが行われるようになりました。しかし実際にテレワークを行った企業が直面した、どうし...

記事を見る
ページトップに戻る