経営者のための
「いちばん身近なビジネス情報メディア」

  • 弥生の製品・サービス

【弥生会計】確定申告:操作ナビを使用して、医療費控除を入力しよう!

2018.02.02

こんなことで困っていませんか?
  • 所得税確定申告書Bのどこに何を入力すればよいのかわからない…
  • 所得控除の入力漏れが心配…
やってみよう!

この確定申告の時期、個人事業主のお客さまは、なんとなく気忙しいのではないでしょうか。いざ申告書作成に取り掛かろうと、弥生会計(やよいの青色申告)の画面を開いてみて、「あれ?どこに何を入力するんだっけ?」と、急に不安になってしまうことも。もしもそうでしたら、ぜひ画面の「操作ナビ」を使用してみてください。

操作ナビが、入力の必要な項目を示してくれるので、漏れなく入力できて、スムーズに申告書作成が完了します。

画面に「所得税確定申告書B」を表示して、操作ナビの「提出する書類を確認しよう」から順番に、操作を進めてくださいね。

操作ナビ

ここでは、医療費控除の入力を例に、操作ナビの便利さをご紹介します。

1)所得控除を入力するときには、操作ナビ「ステップ2:所得控除で節税する」の「入力が必要な項目を診断する」をクリックします。

「申告診断」画面が表示されるので、該当するものに「はい」を選択します。
すると、操作ナビに、選択した項目が表示されます。

2)操作ナビの「医療費控除」をクリックします。すると、入力箇所がハイライトします。

 3)黄緑色の部分をクリックすると、入力画面が表示されます。

セルフメディケーション税制の適用を受ける場合は、該当箇所にチェックをつけてから入力します。従来の医療費控除は、チェックをつけずに入力します。

<参考> セルフメディケーション税制について

4)入力後、「帳票に反映」をクリックして、申告書画面に戻ると、合計金額が反映されます。
「次へ」をクリックします。

5)第一表の「医療費控除」がハイライトして、控除額が表示されています。

控除額を確認したら、操作ナビの「医療費控除」にチェックボックスをクリックします。チェックをつけると「完了」と表示されます。

控除項目の入力が終わるたびに「完了」にしていくと、最後に「済」と表示されます。「終わった感」がありますよね?

医療費控除5

「質問に答えると、入力が必要な項目が表示され、クリックすると、入力箇所がハイライトされ、入力が終わったら『完了』になる」・・・これが入力漏れを防ぐことができる理由です!

この記事の著者

弥報編集部

弥生ユーザーを応援する「いちばん身近なビジネス情報メディア」

資金調達ナビ

新しいチャレンジや安定した経営を続けていくために、資金調達は欠かせません。

「資金調達手段を探す」「資金調達を学ぶ」「創業計画をつくる」「専門家に相談」の4つのサービス・コンテンツで資金調達を成功に導く情報サイトです。

弥報Onlineでは「読者の声」を募集しています!

弥報Online編集部では、皆さまにより役立つ情報をお届けしたいという想いから「読者の声」を募集しております。

「こんな記事が読みたい!」「もっと役立つ情報がほしい!」など、ご意見・ご感想をお聞かせください。

皆さまからのご意見・ご感想は今後、弥報Onlineの改善や記事作りの参考にさせていただきますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

■「弥報Online」読者アンケート ページ

弥生のYouTubeで会計や経営、起業が学べる!

弥生の公式YouTubeチャンネルでは、スモールビジネスに携わる方たちに役立つコンテンツを配信中です。

チャンネル登録はこちら

【無料】お役立ち資料がダウンロードできます

弥生では、スモールビジネス事業者の皆さまに役立つ資料を各種ご用意しております。

経理や確定申告、給与、請求業務の基礎が学べる資料や、インボイス制度や電子帳簿保存法など法令対応集、ビジネスを成功させる起業マニュアル、弥生製品がよくわかる資料など、お役立ち資料が無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください!

弥報Onlineからのお知らせ

TOPへ戻る