経営者のための
「いちばん身近なビジネス情報メディア」

  • 業務効率化

【Word活用術】Wordで作成した資料、一部分だけを印刷する【第5回】

2018.01.26

著者:上田 朋子

Wordの印刷は、文書の一部分を(3~5ページだけ、1・3・4ページをという具合に)指定して印刷することができます。
頑張って大作の資料を作った!「やったぞっ」と思って印刷したら、いくつか間違いを発見・・・。気を取り直して修正した後は(インクも紙ももったいないので)間違っているページだけ印刷したいのだけど...というときに使えます。

画面は「ファイル」で表示されるメニューの「印刷」ボタンをクリックしたところ。
※クイックアクセスツールバーなら「印刷プレビューと印刷」のワンクリックで表示されます。
(クイックアクセスツールバーについては、【Office全般】よく使う機能は固定する「クイックアクセスツールバー」を参考にしてくださいね)

171205-01

この「プレビューと印刷」画面で、印刷したい場所を指定します。

(1)連続したページ(○ページから○ページ)の印刷指定は、「ページ:」の枠で、ページ番号を「-(ハイフン)」で繋ぎます。「3-5」と入力すれば、3ページから5ページが印刷対象になります。

※印刷範囲の指定は、印刷したい数字を入力すると自動的に「すべてのページを印刷」から「ユーザー指定の範囲」に変わります。

171205-02

(2)連続しないページ(○ページと○ページ)を指定する場合は、ページ番号の間を「,(カンマ)」で繋ぎます。
「3,5,7」と入力すれば、3ページと5ページと7ページが印刷対象になります。また、「3,5-7」と入力すると、3ページと5から7ページが印刷できます。

171205-03

ところで、ページ指定とは違うテクニックがもう一つあります。こちらは印刷したい範囲をマウスで囲む方法。ページより小さい範囲を印刷したい時に便利です。

まず編集画面で印刷範囲を囲みます。

171205-04

範囲選択ができたら印刷プレビュー画面を表示し、設定の直ぐ下にある印刷範囲選択の ▼ をクリックします。

171205-05

印刷範囲の選択一覧が表示されたら、「選択した部分を印刷」を選びます。

171205-06

これで「印刷」ボタンを押せば、指定した範囲だけの印刷ができます。
※「選択した部分を印刷」を指定しても、プレビュー画面の表示は変化しません。でも、ちゃんと指定範囲だけが印刷されるので、ご安心を。(私は初めてこの機能を使うときには、もし全部印刷されちゃったらどうしよう...とちょっとドキドキしながら印刷ボタンを押しました)

171205-07

≪おまけ≫

「選択した範囲を印刷」機能は、Wordだけでなく、ExcelやPowerPointにもあります。Excelは特に「表のこの範囲だけ印刷したい」という場面が多く。活用範囲も広いと思います。
私はExcel画面をちょくちょく選択範囲して縮小印刷し、スケジュール表に貼りつけるアナログ人間です。

この記事の著者

上田 朋子(うえだ ともこ)

株式会社システムプラザソフィア代表取締役。マイクロソフト認定トレーナーとして、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)取得講座の講師実績多数。また職業訓練校として、パソコン初心者をたった3カ月でMOS取得まで導く分かりやすい指導方法にも定評がある。弥生認定マスターインストラクター。静岡県は清水に生を受けて50有余年、清水っ子の血が騒ぐ港祭が生き甲斐。知らない土地に出掛けたら、その土地の味噌・醤油を買うのが幸せ。

【無料】お役立ち資料がダウンロードできます

弥生では、スモールビジネス事業者の皆さまに役立つ資料を各種ご用意しております。

経理や確定申告、給与、請求業務の基礎が学べる資料や、インボイス制度や電子帳簿保存法など法令対応集、ビジネスを成功させる起業マニュアル、弥生製品がよくわかる資料など、お役立ち資料が無料でダウンロードいただけます。ぜひご活用ください!

弥生のYouTubeで会計や経営、起業が学べる!

弥生の公式YouTubeチャンネルでは、スモールビジネスに携わる方たちに役立つコンテンツを配信中です。

チャンネル登録はこちら

弥報Onlineからのお知らせ

TOPへ戻る