弥生ユーザーを応援する
「いちばん身近なビジネス情報メディア」

  1. TOP
  2. バックオフィス効率化
  3. 【Word活用術】「分割」機能を使えば、同じ文書の離れた箇所を編集できる【第11...

【Word活用術】「分割」機能を使えば、同じ文書の離れた箇所を編集できる【第11回】

Wordの「分割」機能を使うと、同じ文書の違う場所を同時に表示することが可能です。もちろん、入力や編集作業もできます。
例えば、資料作成中に「あのページを見ながら作業すれば仕事が早いのになぁ・・・」と思ったことありませんか?それを可能にする機能が「分割」なのです。180602-01操作はかんたん。
まずは「表示」ダブの「分割」をクリックします。180602-02すると下記の画面のように、画面の上下中央あたりに分割線が表示され、上下2つに別れます。
垂直スクロールバーも2つになり、上側のスクロールバーをドラッグすると、画面の上半分だけが上下に動きます。下半分は動かないので、画面が分割されたことが実感できますよね。180602-03※分割直後、文書カーソルは下側にあるので、キーボードの上下矢印キーを押すと、下側の画面だけが上下にスクロールします。

二等分で表示されている画面の分割位置も変更できます。操作は分割線にマウスカーソルを合わせてドラッグするだけ。マウスカーソルの形状が変化したら、カーソルを上下にドラッグして、境界線位置を好みの位置に変更します。180602-04分割の必要がなくなったら、リボンの「表示」タブの「分割解除」をクリックすれば、分割表示は解除されます。
表示されている分割線をダブルクリックしてもOKです。180602-05

上田 朋子(うえだ ともこ)
著者:上田 朋子(うえだ ともこ)

株式会社システムプラザソフィア代表取締役。マイクロソフト認定トレーナーとして、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)取得講座の講師実績多数。また職業訓練校として、パソコン初心者をたった3カ月でMOS取得まで導く分かりやすい指導方法にも定評がある。弥生認定マスターインストラクター。静岡県は清水に生を受けて50有余年、清水っ子の血が騒ぐ港祭が生き甲斐。知らない土地に出掛けたら、その土地の味噌・醤油を買うのが幸せ。


※本コーナーでは『Office 2016』を使用して操作画面を紹介しています。

\この記事が気に入ったらぜひシェアしてください!/

 

お仕事カレンダー

2019年5月

5月1日
新元号施行(令和)
毎月10日
所得税・住民税の納付
月末
法人税、法人地方税、法人事業税、消費税等の確定申告

法人税、法人地方税、法人事業税の税金納付

消費税等の税金納付

自動車税の税金納付

弥生株式会社 公式Twitter

キーワード

おすすめの記事

「福利厚生サービス」が弥生のサポート加入で”無料”で使えるって知ってた? 

「福利厚生サービス」が弥生のサポート加入で”無料”で使えるって知ってた? 

企業の福利厚生には、労働保険や社会保険といった「法定福利」と、保養所や余暇施設の利用など、従業員やその家族の健康、生活をサポートする「法定外...

記事を見る
ページトップに戻る