弥生ユーザーを応援する
「いちばん身近なビジネス情報メディア」

  1. TOP
  2. スモールビジネスハック
  3. オンライン融資サービス「ALTOA(アルトア)」利用事例:株式会社ハウジング&リ...

オンライン融資サービス「ALTOA(アルトア)」利用事例:株式会社ハウジング&リフォーム加賀様

弥生会計をご利用の事業者向けオンライン融資サービス「ALTOA(アルトア)」。ご利用中の会計データ(法人は「弥生会計」、個人事業主は「やよいの青色申告」または「弥生会計」、いずれもデスクトップアプリのみ)をアルトアに連携するだけで、申し込みはオンラインで完結、自動でデータの解析が行われて、融資条件が提示されるサービスです。

おかげ様でたくさんのお客さまにご利用いただいておりますが「どんなときに使うんだろう?」とまだまだイメージがわかない方も多いかもしれません。そこで今回は、実際にご利用いただいた事業者の方はどんなお仕事をしていて、どんな理由でアルトアを活用しているのか、ユーザー事例インタビューを通して、アルトアの活用方法をお届けします。

※本記事は ALTOA(アルトア)ホームページに掲載中の「お客さまの声」の内容を再編集したものです。

バブル後の独立をリフォーム中心で乗り切る

株式会社ハウジング&リフォーム加賀 代表取締役・加賀博様(事業内容:住宅の設計、施工、販売、リフォーム、内装、外装)

私自身はもともと建設会社で10年ほど修行した後に独立し、その後、法人化する2013年までは個人事業主として仕事をしてきました。会社員時代から数えて、かれこれ40年ほどこの仕事をしていることになりますね。

会社を辞めて独立したのは平成元年。バブル景気は終わりかけていましたが、まだ建築業界も景気がよく、新築の需要も多くありました。とはいえ個人で新築の仕事を請け負うのはリスクが大きい。その一方で、当時はリフォームをメインで手がける業者は少なかったんです。

リフォームはお客様が住んでいる家での作業が多いので騒音などにも気を使わなければいけませんし、早朝から夜遅くまで作業をするわけにもいかない。さらに日程的にも短期間で一気に終わらせなければいけないので、どこの業者もあまりやりたがらなかった。だったら新築よりもリフォームを中心にした方が、ライバル業者が少なくていいだろうと考えたんです。

そうこうしているうちにバブルが終わり、新築の仕事も減っていきましたが、私はリフォームをメインにしていたおかげでなんとか続けてこられました。2013年に法人化したのは、許認可の問題がきっかけです。建築許可などの許認可を個人名で取っていると、その個人が廃業したり、死亡した際には許認可そのものが取り消されてしまいます。けれど会社名で取っておけば、私個人がどうなっても許認可は残る。

仮に将来、息子が会社を継ぐようなことがあった場合、会社にしておけばそうした許認可が無駄にならないなと思って法人にしたんです。とはいえ現状はまだ私の一人会社なので、実質的には個人事業主時代とほとんど変わっていないのですが(笑)。

小さい会社がどこまで生き延びられるか。地元をメインにしていく必要性

独立当初から営業エリアは基本的に地元と決めていました。近所の人から「新しく棚が欲しいんだけど、どこに頼んでいいかわからないんだよね」といった話をよく聞いていたので、それこそ棚をひとつ作ったり、窓を新設するような細かな仕事からこつこつと始めました。

それは今でも変わらず、そうした小さな仕事にも対応することで取引先との信頼関係を築くことを重視しています。地元で仕事を続ける以上、なにより大切なのは「信頼」です。最初の頃は多少の無理をしたり、赤字でも次につながれば、という気持ちでやっていましたね。その甲斐あって、営業活動をまったくしてこなかったにもかかわらず、近所の方々からの口コミや紹介で仕事がつながり、今に至っています。

実は一時期、インターネットでリフォーム業者を選べる比較サイトに登録してみたことがありました。そこで見積もり依頼も結構いただいたんですが、最後はどうしても価格競争になってしまうんですよね。現場を見に行って見積もりを出す作業には最低1日か2日は時間を取られてしまいますが、見積もりは無料ですし、最終的に仕事になるかどうかもわからない。仕事になっても価格を抑えているので利益は薄く、赤字になることさえあるため、結局半年くらいでやめました。

この先はリフォームでどこまで生き残れるかが問題ですね。最近、これまでリフォームには手を出していなかった大手メーカーや家電メーカーがこの業界に参入してきたので、我々のような小さい会社がどこまで生き延びられるか。それを考えると、ますます地元をメインにしてやっていく必要性を感じています。

現場仕事を終えた後、夜遅くでも申し込みできるのはとても助かりました

当社の営業エリアである東京都葛飾区には地元に長く住んでいらっしゃる方が多く、最近では持ち家が古くなってきたので水周りを取り替えたいという依頼も増えています。水周りは一番仕入れの経費がかかるので、それがひと月に2〜3件重なってしまうと、結構な額になってしまうんです。

また、現場ではだいたい平均して3人ほどフリーの職人さんをお願いして作業をしているので、彼らへの支払いも遅れるわけにはいきません。そのため一番困るのは入金遅れ。前もってわかっていれば対処できるのですが、直前になって突然というのが結構多いんです。かといってお客様はご近所さんが多いので、そこで強引にお支払いいただくわけにも行きませんし……。地元中心だからこそ難しい面もありますね。

そもそもアルトアを使ったのも入金遅れが理由でした。私は経理も自分で弥生会計を使ってやっているのですが、その作業中にたまたま広告が目にとまり、全部ネットで完結できるというし、最短即日お返事と書かれていたので、それならば試しに申し込んでみようかなと。

半分返せば、また申し込みができる。返済中の追加借り入れは心強い

実際に使ってみると、書類は会計データだけで済みましたし、申し込みの3営業日後には入金がありとても助かりました。なにより現場仕事から帰ってきた後、遅い時間でも申し込みができるのは本当に便利でした。

当社がメインにしているような規模の仕事では、1〜2ヶ月先までは予定が見えていても、半年先までの見通しはなかなか立ちません。そのため期限一括での借り入れは返済面で不安です。返済期間の最大12ヶ月というのも、もう少し長い期間があったらいいなと思いますね。

それを踏まえて、今回アルトアで利用した増額借換(現在の契約が終了する前に追加借り入れをすることが出来るサービス)は助かりました。特に当社のように長期的な収入の予想が立ちにくい規模の業者にとって、半分返せばまた借りられるかもというサービスは資金繰り面での安心感につながりますから。

 

転載元:ALTOA(アルトア)ホームページ「お客さまの声」

ALTOA(アルトア)のサービスについての詳細はこちらから

弥報編集部
著者:弥報編集部
弥生ユーザーを応援する「いちばん身近なビジネス情報メディア」


\この記事が気に入ったらぜひシェアしてください!/

 

お仕事カレンダー

2019年10月

毎月10日
所得税・住民税の納付

弥生株式会社 公式Twitter

キーワード

おすすめの記事

「福利厚生サービス」が弥生のサポート加入で”無料”で使えるって知ってた? 

「福利厚生サービス」が弥生のサポート加入で”無料”で使えるって知ってた? 

企業の福利厚生には、労働保険や社会保険といった「法定福利」と、保養所や余暇施設の利用など、従業員やその家族の健康、生活をサポートする「法定外...

記事を見る
ページトップに戻る