弥生ユーザーを応援する
「いちばん身近なビジネス情報メディア」

  1. TOP
  2. スモールビジネスハック
  3. 仕事が奪われるってホント⁉ AI時代に発展できる企業になるために

仕事が奪われるってホント⁉ AI時代に発展できる企業になるために

AIに仕事を奪われる」「AIで人間の仕事がなくなる」といった言葉をよく目にするようになりました。本当に仕事がなくなるのか、AIは恐れるべきものなのか、中小企業はどう対応していけばいいのか。

中小企業診断士で人工知能学会会員の田中幹大(たなか・みきお)氏に詳しくうかがいました。

田中 幹大 氏(中小企業診断士・人工知能学会会員)

中小企業診断士、人工知能学会会員。東京工業大学理学部数学科修士課程修了後、NECに入社。中央研究所にて3DCG、バーチャルリアリティシステムの研究開発に従事。現在は、ナースコールメーカーにて品質管理、生産管理を担当。(所属)東京都中小企業診断士協会城東支部、中小企業診断士協会AI・人工知能研究会

AIを恐れるのではなく、共存し活用しよう

――田中さんは、2019年1月に「人間と人工知能の共存に向けて」というビジネスセミナーを開催されて大盛況だったそうですね。

田中幹大氏(以下、田中): 葛飾区立中央図書館で一般の方向けにを開催しました。AIの歴史から現状を解説し、「AI時代の人生設計を考えよう」という内容でしたが、予想を超えるお申し込みをいただき定員を増員しました。幅広い年齢層の方が聴きに来てくださいましたが、やはり皆さん、 危機感や不安感を持たれているようでした。

葛飾区立中央図書館ビジネスセミナー「人工知能時代の人生戦略」の模様(写真提供:東京都中小企業診断士協会城東支部)

――「あなたの仕事がなくなる!?」という副題でしたが、セミナーのお話の結論は、「恐れるのではなく、上手に活用すればいい」だったので、ほっとされた方も多かったのではないでしょうか?

田中:そうですね。セミナーの中で「汎用型AI(強いAI)」と「特化型AI(弱いAI)」の話をしましたが、今のAIは「特化型AI(弱いAI)」で特定の決まった作業を行うものです。人間の知能の一部を代替するだけで、人間に置き換わるわけではありません。あくまで人間を補助するものなので恐れる必要はないのです。

今のAIは特定のことしかできない弱いAI

――「汎用型AI(強いAI)」と「特化型AI(弱いAI)」の違いについてもう少し詳しくお話しいただけますか?

田中:「汎用型AI(強いAI)」は、特定の作業に限定せず、人間と同様の作業をこなすAIです。人間のようにものを考え、自律的に学び、意思決定することができます。一方、「特化型AI(弱いAI)」は特定の決まった作業を行うAIで、人間のような自意識を備えていません。人間の知能の一部を代替する機械的なAIです

――「弱いAI」が、近いうちに「強いAI」になる可能性は?

田中AI研究者の間では、「強いAI」を作れる可能性は低いと考えられています。「決して作れないだろう」と言う人もいます。

――少なくとも当面は「弱いAI」のことだけ考えればよく、恐れる必要はないということですね。

田中:そうです。 AIが得意な一部の作業についてはAIに代替されるでしょうが、その分の人手が人手の足りない分野に配分されるので、仕事がなくなる人が大勢出るというわけではありません。

 AI を上手に活用できる企業と人が生き残る

――つまりAIの得意な仕事はなくなるけれど、苦手なことを含む仕事は残るということでしょうか?

田中:というよりは、AIが得意なことはAIに任せて、人間は人間にしかできない仕事に集中するようになるでしょうね。AIをツールとしてうまく活用できる企業や人が生き残ると考えられます。

――中小企業や経理関係での具体的な活用例にはどのようなものがありますか?

田中:店舗での活用例を二つご紹介しましょう。一つめはベーカリーのレジです。焼きたてのパンには値札やバーコードを貼ることができません。パンを見てパッと価格が浮かばないとレジが打てないのです。ベーカリーのパンは種類が多く見た目が似ているものも少なくないので新人アルバイトがレジを打てるようになるまでには時間がかかります。しかし、このレジはパンの形状・色などを画像認識することで種類を判別し価格を計算します。

ベーカリー用レジ(写真提供:株式会社ブレイン

二つ目はラーメン店の看板ロボットです。顔認証機能を搭載したロボットで、常連客の名前を呼んで接客するだけでなく、性別や年代による好みの違いや時間帯毎の客単価などのマーケティングデータの収集、来店回数に応じた追加サービスの提供など多彩な役割を果たしています。

ラーメン店の看板ロボット(写真提供:株式会社ヘッドウォータース

経理関係での活用例では今回セミナーを開催した東京都葛飾区で導入している清算処理業務がわかりやすいかもしれません。外部スタッフなどに報酬を支払う際の源泉徴収の精算処理業務にAIの一種であるRPA(Robotic Process Automation)を活用しており、2017年にテストを行った結果、年間444人日の作業工数を削減できたと発表しています。職員の労働時間を削減できたほか、事務ミスが減ったことで事務の品質が向上したとのことです。この結果を踏まえて、本番環境においてもRPAを導入することが決定しています。

AIを恐れる必要はないけれど、学んで取り入れることは重要

――どの例も人間がやると大変なことをAIにやってもらっているのですね。

田中:そうですね。AIに得意なことをやってもらった分、人間は他の仕事に集中することができています。パン屋さんの場合、ロボットは手先の器用さが足りないので焼き立ての柔らかいパンを潰さずに扱うことができません。しかし、レジをAIにやってもらうことで、人間はパンを並べたりする作業に集中できます。ラーメン店の例では、ロボットが集めたデータを活用することで、今まで手が回らなかった新メニューの開発などができるようになったそうです。

このように有効活用すれば、AIは恐れるべきものどころか、強い味方になるのです。

――AI時代に生まれる新しい仕事もあるのでしょうか?

田中:もちろんです。AI技術者だけでなく、AIの利用法をデザインするAIデザイナー、AIの使い方を教えるAIインストラクター、AI運用管理者などをはじめ、様々な仕事が生まれてくるでしょう。そういった仕事を目指す人が増えてきて、そこに新しいビジネスチャンスを見つけて発展する企業もあるでしょうね。

その一方で、旧来通りの仕事のやり方を続けていて人手不足が解消できず労働環境が改善できない企業からは人が離れていくでしょうし、時代に適した商品やサービスを提供できず廃れていく可能性もあります。恐がる必要はありませんが、学んで取り入れる努力はしていただきたいと思います。

弥報編集部
著者:弥報編集部
弥生ユーザーを応援する「いちばん身近なビジネス情報メディア」


\この記事が気に入ったらぜひシェアしてください!/

 

お仕事カレンダー

2019年6月

毎月10日
所得税・住民税の納付
その他
住民税の普通徴収の納付
労働保険の年度更新手続き(6/1~7/10)

弥生株式会社 公式Twitter

キーワード

おすすめの記事

「福利厚生サービス」が弥生のサポート加入で”無料”で使えるって知ってた? 

「福利厚生サービス」が弥生のサポート加入で”無料”で使えるって知ってた? 

企業の福利厚生には、労働保険や社会保険といった「法定福利」と、保養所や余暇施設の利用など、従業員やその家族の健康、生活をサポートする「法定外...

記事を見る
ページトップに戻る