弥生ユーザーを応援する
「いちばん身近なビジネス情報メディア」

  1. TOP
  2. スモールビジネスハック
  3. 迫りくるWindows7のサポート終了!早急にWindows10へ乗り換えを!お...

迫りくるWindows7のサポート終了!早急にWindows10へ乗り換えを!お得に乗り換える方法は?

間もなくWindows 7のサポートが終了することはご存知ですか? いま使っているパソコンがまだWindows 7なら、早急に最新OSのWindows 10へ乗り換える必要があります。しかし、中小企業にとって乗り換えは大きな負担になりかねないのも事実。いったい、どうすべきなのか? スモールビジネス事業者の皆さまに向けて、Windows10へお得に乗り換える方法を解説します。

2020年1月にWindows 7のサポートが終了

数年ごとに訪れるWindowsのサポート終了問題。2014年にWindows XPが、2017年にWindows Vistaが相次いでサポート終了。そして、2020年1月14日にはWindows 7サポート終了が待ち構えています。中小企業にとって、いままで使っていたOSを切り替えることはかなりの負担になりますが、万が一古いOSを使い続けることでセキュリティの問題が発生した場合、企業の信頼を損ねる可能性もあるため、この問題を放置することは避けなければなりません。

Windowsのサポート期限に関する告知サイト(Microsoft)より

【関連記事】

ただ、いま使っているパソコンを一気にWindows 10へ乗り換えると、コスト上の問題はもちろん、業務用のソフトなどがきちんと動作するのか確認してからにしないと、業務に支障を及ぼす可能性があります。動作確認をした上で段階的に導入することが重要です。

Windows 10への乗り換え方法は?

では、どうやってWindows 10へ乗り換えればいいのでしょう。OSを乗り換えるには、「Windows 10を購入して、いま使っているパソコンをアップグレードする」「新しくパソコンを買い替える」かの2つの方法があります。

前者は、パソコンをそのまま使い続けることで、データを移行したりアプリを再インストールしたりする必要もなく、OSをアップグレードする作業だけで済みます。OSだけ購入することで新規にパソコンを購入するより圧倒的にコストがかかりませんが、デメリットもあります。古いパソコンをそのまま使い続けることで、今後短期間のうちに故障する可能性が高まります。そうしたリスクも踏まえて考える必要があります。

一方、後者は1台あたり数万から十数万円のコストがかかりますが、最新のパソコンにするため動作が軽快になり、作業効率は格段にアップすることでしょう。ただし、今まで使っていたパソコンからデータを移行したり、新たにソフトをインストールしたりする必要があるため、いままで使い慣れていた環境にするには多少面倒かもしれません。

短期的に考えれば、OSのアップグレードのほうが1台あたりOS代の2万7000円前後で済むため、パソコンを買い替えるよりは経費負担が圧倒的に軽く済み、移行作業に伴う業務への支障も最小限に抑えられることから、OSのアップグレードを選択するのがベストでしょう。

しかし、長期的に見てみると年々パソコンは進化しており、5年以上前のパソコンと比較したら倍以上の処理速度で作業できます。特に大きなExcelファイルで作業しているのであれば、その差はより顕著です。そのため、Windows 7が登場したときに購入したようなパソコンなら買い替えを、比較的新しいパソコンであればOSのアップグレードをというように、すでに故障していたり購入した年月によって切り分けて導入するのがいいでしょう。

OSアップグレードでのお得な方法

OSをアップグレードする際、大企業だと日本マイクロソフトから複数のライセンスを購入して導入するというケースも考えられますが、中小企業の多くはパッケージ版を購入することになるでしょう。Windowsには「Windows 10 Home」と「Windows 10 Pro」の2つのバージョンがありますが、ビジネスで使うならよりセキュリティに力を入れたWindows 10 Proの使用をオススメします。従来からのパッケージ版もありますが、最近はダウンロード版としてライセンスだけ購入してOSはサイトからダウンロードするというものもあります。

日本マイクロソフトではWindows 10のダウンロード販売が行われている。

そして、注意しなければならないのが購入する際に、「通常版」と「DSP版」の2種類のライセンス形態があることです。通常版とはどんなパソコンにもインストールできるため、たとえば1度パソコンをアップグレードしたものの、そのパソコンが故障してしまい破棄した場合、ライセンス自体は生きているので他のパソコンをアップグレードするために再度利用できます。

一方、DSP版はパソコンのパーツと同時に購入することで、Windowsを安く入手できるもので、購入したパーツを使用するという条件でライセンス認証を受けられます。例えば、HDDやメモリーなどと併せて購入することで、Windowsを通常版より1万円ほど安く入手できます。

DSP版は量販店やオンラインショップで、パーツと組み合わせて購入が可能。

ライセンス認証を受けられる条件が違うだけで、Windows自体の機能に何も違いはないため、パソコンのアップグレードする際に一部のパーツを交換することにしてDSP版を導入すれば、通常版を購入する価格内でパーツもOSも手に入ることになります。

同時購入のパーツとしてオススメしたいのがSSDです。ファイルの読み書きがHDDに比べて早くなるため、体感速度がかなり向上します。また、メモリーを拡張できるのであればメモリーを増やすのも1つの手です。このように、Windowsのアップグレードと同時に古いパソコンを改善するという方法がオトクに乗り換えるポイントです。

ストレージをSSDに変更するだけでも、かなりの速度改善が図られる

【関連サービス・記事】(弥生サポートサービス会員向けサービス)

パソコンを買い替えたときの注意点

DSP版でSSDと併せて同時購入した場合も同様ですが、パソコンを買い替えたときは、いままで使っていたデータやソフトを移行しなければなりません。日本マイクロソフトが「移行ツール」を用意していたこともありましたが、現在は特にありません。このため、データを移行するにはWindowsのバックアップ機能を利用するか、市販のツールに頼る必要があります。(弥生製品は別途移行作業が必要です)

Windowsのバックアップはコントロールパネルの「システムとセキュリティ」にある「バックアップと復元」から行えます。

バックアップする対象は自分でも選択できますが、基本的には自動で構いません。バックアップされる対象のファイルが確認できるので、それに含まれていない場合は、「自分で選択する」を選びましょう。

バックアップしたデータは、Windows 10の「設定」から「更新とセキュリティ」にある「バックアップ」で、「[バックアップと復元]に移動(Windows 7)」を選択します。

開いたウィンドウで「ファイルの復元元として別のパックアップを選択します」を選択して、バックアップしたファイルを選択します。

 

これらの手順でデータは移行できますが、ソフトは新規にインストールする必要があります。その際の注意点としては、それぞれ最新版を確認して最新のものをインストールすることをおすすめします。

特に、Windows 7に付属していた「Windows Liveメール」はすでにサポートを終了しているため、Windows 10のメールや「Office」に付属の「Outlook」などを利用しましょう。過去のメールを移行したいのであれば、「Outlook」をおすすめします。

移行方法を簡単に説明すると、Windows Liveメールのエクスポート機能を使い、Microsoft Exchange」を選択してファイルを出力。作成されたファイルをOutlookで読み込めば過去のメールを引き継げます。

Windows Live メールのエクスポート機能を使って出力し、Outlookで読み込めば引き継げる。

移行に関しては、失敗してしまうと業務に支障をきたすことになるため、リスクを避けたいのであれば、弥生のサポートを利用するのも1つの手です。市販されている移行ソフトも併せて紹介されているので下記、関連サービスのサイトを参考にしましょう。

 

【弥生製品の移行】

弥生製品ごとに移行手順が異なります。詳細な作業はよくある質問(FAQ)をご確認ください。

・弥生会計(やよいの青色申告)
 https://support.yayoi-kk.co.jp/faq_Subcontents.html?page_id=18092
・弥生販売 19
 https://support.yayoi-kk.co.jp/faq_Subcontents.html?page_id=24786
・弥生給与(やよいの給与計算) 19
 https://support.yayoi-kk.co.jp/faq_Subcontents.html?page_id=24800
・やよいの見積・納品・請求書 19
 https://support.yayoi-kk.co.jp/faq_Subcontents.html?page_id=24731
・やよいの顧客管理 19
 https://support.yayoi-kk.co.jp/faq_Subcontents.html?page_id=24740

 

【関連サービス】(弥生サポート会員向けサービス)

まとめ

すみやかにWindows 10へ移行するなら、OSを購入してアップグレードするほうが、コスト的にも作業的にもラクでしょう。パーツと同時購入することでDSP版を入手するのであれば、古いパソコンでも多少は速度改善され、延命にも役立つはず。ただし、SSDを同時購入の場合、OSを新規にインストールすることになるので、新規パソコンと同等の手間が掛かります。

OSのアップグレードとパソコンの買い替えのバランスを考え、臨機応変に乗り換えを進めていくことが大切です。2020年1月のサポート終了ギリギリまで待つことなくすぐ行動に移しましょう。

飯島 範久(いいじま のりひさ)
著者:飯島 範久(いいじま のりひさ)
フリーの編集・ライター。1992年にアスキー(現KADOKAWA)へ入社し『DOS/V ISSUE』や『インターネットアスキー』『週刊アスキー』などの編集に携わる。2015年に23年務めた会社を辞めフリーとして活動開始。PCやスマホはもちろん、ガジェット好きで各種媒体に執筆している。

事業の発展や継続に、弥生の会計ソフトのさらなる活用方法のご提案です

弥生の会計ソフトは、事業の現状を測る「モノサシ」として活用いただいています。

 

「モノサシ」で経営状況を把握した結果、事業の発展のために一歩踏み出したい、あるいは事業継続のために備えたい。そうお話される多くの事業者さまにお会いしてきました。

 

そんな事業者さまを直接的にサポートしたい。

 

アルトアは、弥生の会計データを使ったあんしん・シンプルな融資サービスを提供します。


\この記事が気に入ったらぜひシェアしてください!/
ページトップに戻る