弥生ユーザーを応援する
「いちばん身近なビジネス情報メディア」

  1. TOP
  2. バックオフィス効率化
  3. Office 2019が新登場!Office 365とどちらがお得?違いと選び方

Office 2019が新登場!Office 365とどちらがお得?違いと選び方

マイクロソフトの「Office 2007」が2018年10月にサポート終了したことは記憶に新しいですが、数年ごとにパッケージ版が登場し、旧いバージョンは徐々にサポート終了してきたOfficeシリーズ。どのタイミングでどうバージョンアップしていくか悩まれている方もいらっしゃることでしょう。

マイクロソフトとしては2011年から開始したクラウドサービス「Office 365」へシフトさせようとしているものの、まだまだパッケージ版の需要は高いのが現状です。そんな中、2019年1月に最新版の「Office 2019」が発売されました。Office 2016以来約2年半ぶりになりますが、ここで改めてOffice 365とOffice 2019とは何が違うのか、どちらを選ぶべきなのかを紹介しましょう。

【関連記事】会社のWordやExcelのバージョンは何? もし、2007なら今すぐ最新版のOfficeに乗り換えよう

Officeには3つの導入方法がある

マイクロソフトのOfficeシリーズは、大きく分けて3つの導入方法があります。

1つは、2019年1月に発売された最新版のOffice 2019のような、買い切り型永続ライセンスの製品です。以前はパッケージ版として販売されてきましたが、いまはメディアでの提供ではなくダウンロード販売になります。店頭で購入の際はライセンス付きのカードを購入し、ネットからダウンロードしてインストールします。1ライセンスあたりのインストール台数はパソコン2台までです。また、パソコン版のサポートOSはWindows 10のみとなります。

2つ目は、パソコン購入時にOfficeがインストールされているタイプです。現在販売されているパソコンにはOffice 2019が選択できるようになっており、Office 2019を単品で購入するより安く手に入ります。ただし、インストールされたパソコンでのみの使用という条件が付きます。

永続ライセンスではありますが、パソコンが壊れたり買い替えたりしたらライセンスを引き継ぐことはできません。2020年1月にWindows 7のサポートが終了するため、買い替えを検討している企業も少なくないと思いますが、Office付きにするか否かは、ライセンス形態やパソコンの活用方法、次の買い替えのタイミングなどを総合的に判断したほうがいいでしょう。

【関連記事】迫りくるWindows7のサポート終了!早急にWindons10へ乗り換えを!お得に乗り換える方法は?

3つ目は、2011年にサービスが開始されたクラウドタイプのOffice365です。クラウドといってもウェブアプリだけでなく、パソコンにインストールするOfficeアプリも利用できます。クラウドと簡単に連携できるため、モバイルワークには最適な仕様になっています。こちらは、サブスクリプションと言って、月額制で料金を支払っている間は利用できる契約になっています。1ライセンスあたりパソコン、スマートフォン、タブレットそれぞれ5台の利用ができ(Office 365 Businessの場合)、常に最新版のOfficeが利用できるようになっています。

ここで注意が必要なのが、2014年以降に導入したパソコンで、Office Premiumシリーズがインストールされている製品です。Office Premiumシリーズは、搭載されたパソコンでの使用のみのライセンスですが、無償で最新版へアップグレードが可能なため、アップグレードさえしていれば、すでにOffice 2019と同等で使えます。もちろん今後もさらにアップグレード可能です。このためパソコンを買い換えないのであれば、新たにOfficeを導入する必要はありません。

Office 2019とOffice 365との違いは?

永続ライセンスのOffice 2019とサブスクリプションのOffice 365では、ライセンス以外には何が違うのでしょうか。まず、それぞれどんなプランがあり、どのような違いがあるのか確認しましょう。

Office 2019もOffice 365も、アプリの機能としては変わりません。大きく違うのは、Office 365は絶えず新しい機能が追加されていくこと。Office 2019のようにメジャーバージョンアップしたときに買い換える必要なく、すぐに新機能を利用できます。また、Web版のアプリが利用できるのもOffice 365の特徴です。ブラウザがあればOfficeアプリをインストールしていない環境でも利用できるため、作業するのに場所を選びません。

デスクトップ版のExcel。Office 365でもダウンロードして利用できる

ブラウザ上で利用しているオンライン版のExcel。ほとんど遜色なく利用できる

スマートフォンやタブレット用のアプリは無料で提供されていますが、基本は閲覧だけで編集や保存ができません。Office 365だと、サインインすれば編集や保存も可能となり、外出中にちょっと編集したいと思ったら、パソコンを出さなくてもスマートフォンで作業できます。

iPhoneのExcelアプリで上と同じファイルを表示。Office 365のアカウントがあれば、編集も可能

作業するためのファイルは、オンラインストレージのOneDriveを利用すればいつでもどこでも作業を続けられます。Windows 10にもOneDrive機能があり、マイクロソフトのアカウントを持っていれば誰でも利用できますが、5GBしか容量がありません。Office 365なら自動的に1TBに拡張されるため、容量が逼迫することはないでしょう。

また、最近はノートパソコンのストレージはHDDではなくアクセスが高速なSSDで容量が少ないため、こうしたオンラインストレージを活用することで、作業環境を充実させるという使い方もできます。

Office 365を利用すれば、無料で利用できる5GBに加えて1TBの容量が使える。※画面はプランや時期によって異なります

参考資料:Officeのプランによる違い

このように説明していくと、Office 365のほうがさまざまな環境に対応し、作業効率の向上も見込めるため、Office 2019よりOffice 365を導入すべきと思われるかもしれません。

しかし、Office2019とOffice365をそれぞれ使い続けた時の通算費用を比較してみると、約3年使い続けたときに同額になる計算です。それ以上使うのであればOffice 2019のほうがコスト的に安くなります。

少しの差額であっても従業員の数を考えたとき馬鹿になりません。コストを重視するのであれば、Office 2019のほうがいいでしょう。また、一回の負担で済むか、毎月負担がかかるかの違いも考慮に入れて検討しましょう。

使い続けたときの価格(通算費用)比較

Office Home & Business 2019 Office 365 Business
1年目 3万7,584円 1万1,664円
2年目 2万3,328円
3年目 3万4,992円
4年目 4万6,656円
5年目 5万8,320円

※価格は8%税込価格です。(消費税率引き上げは考慮していません)

Office 2019の新機能

Office 2019から追加された新機能の一部を紹介しましょう。

1.視覚的なインパクトの追加

WordやExcel、PowerPointで、フィルターを適用したスケーラブルベクターグラフィックス(SVG)を挿入して、新たな視覚的効果を付けられたり、3Dモデルの挿入ができるようになりました。

フリーで利用できる3Dモデル素材がたくさん用意されており、ドキュメント中に埋め込んで、自由な視点に調整して作成可能

2.インク機能の充実

手書き入力で筆圧設定や傾き感知が対応。数式を手書きで書いて、テキスト化することもできます。

手書きはペンや指で描くだけでなく、マウスで描いてもきちんと理解してくれる

3.Bluetooth接続のペンでスライドショーを操作

SurfaceペンやBluetooth接続のボタンを備えたペンを使用して、プレゼンのスライドを送ることが可能になりました。

4.Excelに新しい関数

TEXTJOIN、CONCAT、IFS などの関数が追加されました。

5.新しい11のグラフ形式

折れ線や縦棒、棒グラフなど11個のグラフが選択可能になりました。

グラフの挿入でマップを選択。世界地図を使った表現ができる。※総務省統計局「世界の統計2019」から人口のデータを基に作成

などです。他にも使い勝手が向上する細かい機能追加などがありますが、詳細はマイクロソフトのサイトを参照してください。

このように、新機能を見てみると関数やグラフの追加はうれしいですが、実は機能的にはもう充実していて、新機能により作業効率が改善されるのは、ごく一部の人だけかもしれません。このため、従来の機能のみでも問題ないような使い方をしている場合は、Office 2019を購入してサポートが終了する7年間使い続けるという選択肢も十分考えられます。

これからはOffice 365の時代になる可能性も

経理でExcelを使うだけといったオフィスワーク中心なのであれば、Office 2019を導入するのも一つの手でしょう。

ただ、働き方改革によってオフィスでの作業だけでなくモバイルワークも導入して作業効率を高めていく時代。それには、クラウドサービスの活用は必要不可欠です。ファイルを共有したり、Excelファイルを複数人で開いて作業したりといったチームでプロジェクトを進めるには、Office 365の力は非常に頼りになることでしょう。

マイクロソフトは、3年ごとにメジャーバージョンアップしてきたOfficeを、その都度買い替える程度の金額でOffice 365が利用できる値付けでサービスを提供しています。アプリはいま、特に海外でサブスクリプション(利用期間に応じた料金支払い方式)が浸透してきており、マイクロソフト自身が「Office 2019よりOffice 365のほうが生産性は高い」と謳うほど、Office 365を推しています。

将来的にはデスクトップタイプのOfficeのバージョンアップを止めて、Office 365一本に絞るのかもしれません。それも考慮して選ぶのがおすすめです。

飯島 範久(いいじま のりひさ)
著者:飯島 範久(いいじま のりひさ)
フリーの編集・ライター。1992年にアスキー(現KADOKAWA)へ入社し『DOS/V ISSUE』や『インターネットアスキー』『週刊アスキー』などの編集に携わる。2015年に23年務めた会社を辞めフリーとして活動開始。PCやスマホはもちろん、ガジェット好きで各種媒体に執筆している。

 

【弥生シリーズは、令和・消費税改正にしっかり対応!】

芳根京子さんが出演する新作ムービーが公開中です。

\この記事が気に入ったらぜひシェアしてください!/

 

お仕事カレンダー

2019年9月

毎月10日
所得税・住民税の納付

弥生株式会社 公式Twitter

キーワード

おすすめの記事

「福利厚生サービス」が弥生のサポート加入で”無料”で使えるって知ってた? 

「福利厚生サービス」が弥生のサポート加入で”無料”で使えるって知ってた? 

企業の福利厚生には、労働保険や社会保険といった「法定福利」と、保養所や余暇施設の利用など、従業員やその家族の健康、生活をサポートする「法定外...

記事を見る
ページトップに戻る