弥生ユーザーを応援する
「いちばん身近なビジネス情報メディア」

  1. TOP
  2. バックオフィス効率化
  3. 【弥生会計】確定申告:操作ナビを使用して、医療費控除を入力しよう!

【弥生会計】確定申告:操作ナビを使用して、医療費控除を入力しよう!

こんなことで困っていませんか?

  • 所得税確定申告書Bのどこに何を入力すればよいのかわからない...
  • 所得控除の入力漏れが心配...

やってみよう!

この確定申告の時期、個人事業主のお客さまは、なんとなく気忙しいのではないでしょうか。いざ申告書作成に取り掛かろうと、弥生会計(やよいの青色申告)の画面を開いてみて、「あれ?どこに何を入力するんだっけ?」と、急に不安になってしまうことも。もしもそうでしたら、ぜひ画面の「操作ナビ」を使用してみてください。

操作ナビが、入力の必要な項目を示してくれるので、漏れなく入力できて、スムーズに申告書作成が完了します。

画面に「所得税確定申告書B」を表示して、操作ナビの「提出する書類を確認しよう」から順番に、操作を進めてくださいね。

操作ナビ

ここでは、医療費控除の入力を例に、操作ナビの便利さをご紹介します。

1)所得控除を入力するときには、操作ナビ「ステップ2:所得控除で節税する」の「入力が必要な項目を診断する」をクリックします。

「申告診断」画面が表示されるので、該当するものに「はい」を選択します。
すると、操作ナビに、選択した項目が表示されます。

2)操作ナビの「医療費控除」をクリックします。すると、入力箇所がハイライトします。

 3)黄緑色の部分をクリックすると、入力画面が表示されます。

セルフメディケーション税制の適用を受ける場合は、該当箇所にチェックをつけてから入力します。従来の医療費控除は、チェックをつけずに入力します。

4)入力後、「帳票に反映」をクリックして、申告書画面に戻ると、合計金額が反映されます。
「次へ」をクリックします。

5)第一表の「医療費控除」がハイライトして、控除額が表示されています。

控除額を確認したら、操作ナビの「医療費控除」にチェックボックスをクリックします。チェックをつけると「完了」と表示されます。

控除項目の入力が終わるたびに「完了」にしていくと、最後に「済」と表示されます。「終わった感」がありますよね?

医療費控除5

「質問に答えると、入力が必要な項目が表示され、クリックすると、入力箇所がハイライトされ、入力が終わったら『完了』になる」・・・これが入力漏れを防ぐことができる理由です!

弥報編集部
著者:弥報編集部
弥生ユーザーを応援する「いちばん身近なビジネス情報メディア」
\この記事が気に入ったらぜひシェアしてください!/

 

お仕事カレンダー

2019年2月

毎月10日
所得税・住民税の納付
18日~3月15日
平成30年分所得税確定申告
18日~4月1日
個人事業者の消費税および地方消費税
市町村の条例で定める日
固定資産税(第4期)の納付

弥生株式会社 公式Twitter

キーワード

おすすめの記事

「福利厚生サービス」が弥生のサポート加入で”無料”で使えるって知ってた? 

「福利厚生サービス」が弥生のサポート加入で”無料”で使えるって知ってた? 

企業の福利厚生には、労働保険や社会保険といった「法定福利」と、保養所や余暇施設の利用など、従業員やその家族の健康、生活をサポートする「法定外...

記事を見る
ページトップに戻る