弥生ユーザーを応援する
「いちばん身近なビジネス情報メディア」

  1. TOP
  2. バックオフィス効率化
  3. 【弥生会計】“クラウド版”口座連携機能を使って、取引データを自動で取り込んでみよ...

【弥生会計】“クラウド版”口座連携機能を使って、取引データを自動で取り込んでみよう!

こんなことに困っていませんか?

Macを使用しているため、これまで口座連携を利用できなかった...
以前に口座連携を利用しようと思ったが、設定が面倒で諦めた...

 やってみよう!

仕訳を自動取込、自動仕訳できる「スマート取引取込」は仕訳精度の向上や、自身で仕訳のルールを設定できるようになるなど、日々機能向上や機能追加されており、興味をお持ちの方は多いかと思います。
そんな「スマート取引取込」の中で最も多くのお客さまにご利用いただいている「口座連携機能」に、新たに“クラウド版”が登場しました! これまで設定が難しく諦めていた方、Macユーザーのため使いたくても使えなかった方はぜひ“クラウド版”で「口座連携機能」の利便性をご体感ください。


1)口座連携の設定を開始します

SnapCrab_スマート取引取込 - サービスの連携 - Mozilla Firefox_2017-7-11_9-38-6_No-002)「弥生口座自動連携ツール」はインストールせず、弥生IDとパスワードを入力し、ログインSnapCrab_弥生シリーズ ログイン画面|YAYOI SMART CONNECT - Mozilla Firefox_2017-7-11_9-38-45_No-00

3)[新規口座登録]を選択SnapCrab_口座登録案内 - Mozilla Firefox_2017-7-11_9-39-16_No-00

4)連携したい金融機関を選択

SnapCrab_口座登録案内 - Mozilla Firefox_2017-7-11_9-39-40_No-00

5)取得方式にて[クラウド版]を選択 
※まだ対応していない金融機関の場合は[クラウド版]を選択することができませんSnapCrab_口座登録案内 - Mozilla Firefox_2017-7-11_9-39-54_No-00

6)金融機関のログイン情報を入力SnapCrab_口座登録案内 - Mozilla Firefox_2017-7-11_9-41-48_No-00

7)口座を選択し、登録すれば設定は完了、すぐに明細を取得することができますSnapCrab_口座登録案内 - Mozilla Firefox_2017-7-11_9-42-49_No-00

8)クラウド版ではパソコンが起動していなくても、設定した時間に明細が自動更新されます。常に最新のデータを確認、連携することができます
※自動更新時間が設定されていない場合は自動更新されませんので、時間の設定はお忘れなく

9)設定が完了したら左側メニューにある[スマート取引取込]を選択し、設定画面を終了します

 

引き続き、取り込まれた明細を製品に取り込んでみましょう。詳しくはこちらの記事の【ステップ①】からお読みください。

※注1 クラウド版では対応する金融機関を随時追加していきます(対応金融機関一覧はこちら)。また一部、ログインに電子証明書が必要な銀行口座はインストール版(Windowsのみ) のご利用になります。

弥報編集部
著者:弥報編集部
弥生ユーザーを応援する「いちばん身近なビジネス情報メディア」

弥生シリーズは、令和・消費税改正にしっかり対応!

芳根京子さんが出演する紹介ムービーがYouTubeで公開中です。

 

■「弥生なら法令改正も余裕です」ムービー

 

■「弥生会計」紹介ムービー

 

■「やよいの青色申告」紹介ムービー

弥報Onlineでは「読者の声」を募集しています!

弥報Online編集部では、皆さまにより役立つ情報をお届けしたいという想いから「読者の声」を募集しております。

 

「こんな記事が読みたい!」「もっと役立つ情報がほしい!」など、ご意見・ご感想をお聞かせください。

 

皆さまからのご意見・ご感想は今後、弥報Onlineの改善や記事作りの参考にさせていただきますので、ぜひご協力をよろしくお願いいたします。

 

■「弥報Online」読者アンケート ページ

\この記事が気に入ったらぜひシェアしてください!/

弥生株式会社 公式Twitter

キーワード

おすすめの記事

小さな会社がテレワークを導入する方法【必要な機器やソフト、業務の進め方は?】

小さな会社がテレワークを導入する方法【必要な機器やソフト、業務の進め方は?】

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府はテレワーク(リモートワーク、在宅勤務)の推進を強く呼びかけています。出社しなくても業務を続けられる...

記事を見る
ページトップに戻る