弥生ユーザーを応援する
「いちばん身近なビジネス情報メディア」

  1. TOP
  2. バックオフィス効率化
  3. 【Office全般】ファイルを開いたら[互換モード]と表示された、どうする!?

【Office全般】ファイルを開いたら[互換モード]と表示された、どうする!?

今回は、ExcelやWordで作ったファイルを開いた時、タイトルバーに[互換モード]と表示された場合の対処方法を説明します。
[互換モード]と表示されるのは古いタイプのOffice(Office2003までのWordやExcel)で作成されたファイルです。今どきそんな古いファイルはないと実はわたしもそう思っていました。しかし、我が社には長年利用している旅費精算書や備品購入申請をはじめとした「一度形が決まればほとんど変更のない定型文書」に、古い形式のファイルが残っていたのです。
ということで、タイトルバーに[互換モード]が表示されたら、この記事の対処法を要チェック!

<その他のoffice全般記事は【こちら】、Excel活用術記事は【こちら】、Word活用術記事は【こちら】からご覧ください>

早速はじめましょう

Ⅰ.タイトルバーに[互換モード]が表示されたら

まず、新しいタイプにしても大丈夫かどうかを確認します。
操作は「ファイル」タブをクリック。表示されるメニューで「問題のチェック」ボタンをクリックし、さらに表示されるサブメニューから「互換性チェック」をクリックします。「互換性チェック」ダイアログボックスが表示されて、「互換性の問題は見つかりませんでした」と表示されれば、新しいファイル形式に変換しても概ね大丈夫。(画像などが多く入っているファイルは、時々レイアウトがくずれることがある場合があります)


Ⅱ.互換性に問題なければ、変換しよう

変換を行うと、ファイルは新しい形式に変換され、古い形式のものは自動的に削除されます。不安のある場合は次節で説明する「Ⅲ.もしもに備えて、古い文書を残して新しいタイプのファイルに変換する方法」で変換します。

今回の画面はExcelで説明しますが、Wordも同じ手順です。
まず「ファイル」タブをクリックし、表示されるメニューで「変換」ボタンをクリックします。確認メッセージが表示されるので、確認して「OK」を押し、次に表示される再度開くメッセージも「はい」を選びます。

※使っているOfficeソフトが2013のときは、この画面は表示されません。

編集画面に戻ります。タイトルバーの[互換モード]表示が消え、新しい形式に変換されたことが確認できます。変換後の画面が表示されたら、念のため上書き保存をしましょう。
特にWordは再度文書を開く操作が不要なケースが多く、変換終了のタイミングで保存がされていません。そのため文書編集を終了するときに保存を忘れると、変換をしなかったことになってしまいます


Ⅲ.もしもに備えて、古い文書を残して新しいタイプのファイルに変換する方法

画面はWordで説明しますが、Excelも同じ手順です。
開いているWordファイルを「名前を付けて保存」で新規保存します。
「名前を付けて保存」のダイアログボックスが表示されたら、「ファイルの種類」を [Word文書(*.docx)]に変更します。Excelのときは[Excelブック(*.xlsx)]を選択します。

※使っているOfficeソフトが2013の場合、Wordは[Word文書]、Excelは[Excelブック]と表示されます(.docx、.xlsxといった拡張子の表示がありません)。

この方法で変換する場合、ここではファイル名は変更しなくてもOKですが、ファイル名が同じのままでは新旧の区別がつきにくいので、変換が終了してからエクスプローラを使い、古いファイルの名前を変更することをおすすめします。方法は次節の「Ⅳ.古いファイルの名前変更をする方法」で説明します。
ファイルの種類が[Word文書(*.docx)]や、[Excelブック(*.xlsx)]に変わったことを確認して「保存」をクリックすると、アップグレード再確認のメッセージが表示されるので、「OK」を押します。変換が完了し、編集画面に戻ります。タイトルバーの[互換モード]表示が消え、新しい形式に変換できたことがわかります。

.古いファイルの名前変更をする方法

まずは、エクスプローラでファイルが保存されているフォルダを表示します。
表示タブで「詳細」を選択すると、「種類」列でファイルタイプを確認できます。種類列の幅が狭くて、バージョンが見えない場合は、種類列を拡げます(Excelのシートのように、列の右端をダブルクリックすると最適幅になります)。名前を変更したい古いファイルを右クリックし、表示されたメニューから「名前の変更」を選択して「基本操作(旧バージョン)」などとします。互換モードでは、Office2007以降に追加された新しい機能が使えません。また古い形式なので、ちょっとした修正の最中にソフトが止まってしまうことも。
「支障がないからそのままで」もいまのところはいいけれど、修正や更新をするタイミングで今使っているOfficeのバージョンにアップデートしてあげてください。

著者:上田 朋子(うえだ ともこ)

株式会社システムプラザソフィア代表取締役。マイクロソフト認定トレーナーとして、マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)取得講座の講師実績多数。また職業訓練校として、パソコン初心者をたった3カ月でMOS取得まで導く分かりやすい指導方法にも定評がある。弥生認定マスターインストラクター。静岡県は清水に生を受けて50有余年、清水っ子の血が騒ぐ港祭が生き甲斐。知らない土地に出掛けたら、その土地の味噌・醤油を買うのが幸せ。


※本コーナーでは『Office 2016』を使用して操作画面を紹介しています。

弥報Onlineでは「読者の声」を募集しています!

弥報Online編集部では、皆さまにより役立つ情報をお届けしたいという想いから「読者の声」を募集しております。

 

「こんな記事が読みたい!」「もっと役立つ情報がほしい!」など、ご意見・ご感想をお聞かせください。

 

皆さまからのご意見・ご感想は今後、弥報Onlineの改善や記事作りの参考にさせていただきますので、ぜひご協力をよろしくお願いいたします。

 

■「弥報Online」読者アンケート ページ

【お知らせ】弥生のオウンドメディア「スモビバ!」もチェック!

弥生株式会社が運営する「スモビバ!」はスモールビジネスに役立つコンテンツが盛りだくさんです。弥報Onlineと合わせて、ぜひチェックしてみてください。

超図解!どこよりもわかりやすい「源泉徴収制度」の解説

noteプロデューサー・徳力さんに聞く「フォロワーもいいねも追わない」ビジネスSNS運用

また、スモビバ!編集部が更新するTwitterでも役立つ情報を毎日発信しています。現在、絶賛フォロワーを募集中なので、ぜひフォローにご協力ください!

弥生株式会社オウンドメディア「スモビバ!」Twitterアカウント

【お知らせ】弥生のYouTubeで会計や経営、起業が学べる!

弥生の公式YouTubeチャンネルでは、スモールビジネスに携わる方たちに役立つコンテンツを配信中です。


動画という特性を活かし「よりわかりやすく」「より楽しく」をテーマに、会計や経営、起業などについて学べるコンテンツとなっております。

個人事業主、中小企業の経営者、起業家の皆さまはもちろん、これから起業してみたい方、そろそろフリーランスになりたいという方も、ぜひご覧ください。チャンネル登録もお願いします!

■弥生株式会社 公式YouTubeチャンネル

 

※個人事業主の方に向けたサブチャンネルも開設いたしました!

個人事業主・フリーランスの方はぜひチャンネル登録をお願いします♪

■個人事業主チャンネル powered by 弥生

 

※これから起業したい方に向けたサブチャンネルも開設いたしました!

こちらもぜひともチャンネル登録をお願いします♪

■挑戦者ch~あなたのライバル語ってください~

\この記事が気に入ったらぜひシェアしてください!/

新型コロナウイルス支援・施策

クラブオフ

クラブオフガソリン特集

クラブオフ

インボイス

弥生YouTubeチャンネル

弥生株式会社 公式Twitter

キーワード

おすすめの記事

5人の専門家に聞く!新しい時代、経営者はどう「変化」していくべきか

5人の専門家に聞く!新しい時代、経営者はどう「変化」していくべきか

急激に変化していく世の中。会社経営も、経営者自身も今後「変化」が求められる時代が来ています。 「経理の日」スペシャルコンテンツ「現役経理担当...

記事を見る
ページトップに戻る